[20150726高校生と「教育」について考える大ミーティング]報告①

報告が遅くなってしまい、申し訳ありません。

7月26日に開催した高校生と「教育」について考える大ミーティング』

多くの方にご参加いただき、大盛況でイベントを終えることができました。

今日から少しずつ、活動の様子を高校生スタッフが分担して、一つずつ、こちらのページで報告していきます。

この日に向けて、わたしたちは4か月前から準備をしました。

特に「授業の内容をどうするか」、後半での「ワールドカフェの問いをどうするか」などは、直前まで悩みました。

当日は10時からのイベント。

オープニングでは、高校生たちが勉強や教育に対して考える思いを、寸劇とという形で参加者に呼びかけました。

3人の高校生が順に舞台袖から突然と現れ、勉強は何のためにするのか」自分たちは何を目標にして勉強をすればいいのか」周りの大人たちは勉強しろとばかり言うが、僕たちに何を求めているのか」日頃の学校生活や勉強に対する思いを発しました。

3人の熱い代表の掛け声とともにこの大ミーティングが始まりました。

まずはCreateach A代表の舩橋と顧問である名古屋市青少年交流プラザ職員の白川からの挨拶がありました。

代表は、今回の『高校生と「教育」について考える大ミーティング』どのような経緯で開催されたのか高校生スタッフがどんな思いを持ってこのイベントを運営しているのか今日のこのイベントを通じてどんなことを感じていってほしいのかといったことを高校生の目線から生き生きと語りました。

そして、キリン福祉財団からの『平成27年度キリン・子ども「力」応援事業』の助成金贈呈式もここで行われました。

キリン福祉財団からも代表の方に来ていただき、舞台上で代表の方からキリン財団様がどのような活動をされているのかといった説明を受けた後、Createach Aが「自発的に問題意識をもって、教育について考え、行動を起こしている」ことが評価され、今回の助成事業となったことを説明いただきました。(のだ)